◆2018年3月31日(土) 神奈川・JR根岸線「洋光台」駅前広場特設

『洋光台駅前イベントプロレス第一部』
★2018年3月31日(土) 神奈川・JR根岸線「洋光台」駅前広場特設
観衆:イベントプロレスのため未発表

 
▼オープニングマッチ 10分一本勝負
○山下実優 vs のどかおねえさん●
6分47秒 片エビ固め
※アティテュード・アジャストメント

 
▼第二試合 10分一本勝負
△小橋マリカ vs 黒音まほ△
時間切れ引き分け

 
▼第三試合 プロレスリングBASARA提供試合 15分一本勝負
○関根龍一 vs SAGAT●
8分9秒 コンバイン

 
▼セミファイナル プロレスリングBASARA提供試合 15分一本勝負
○木高イサミ vs 中野貴人●
7分15秒、片エビ固め

 
▼メインイベント 20分一本勝負
○中島翔子&坂崎ユカ vs 優宇&ヒカリ●
9分33秒 ノーザンライト・スープレックス・ホールド

 

 

 

31日、洋光台駅前広場特設リングにて、恒例の東京女子プロレス・イベント大会が開催された。13時からの第1部。まずはリング上で、提供試合を行なうBASARAの木高イサミと中野貴人がちびっ子プロレス教室を開催。準備運動からマット運動、腕立て伏せなどの筋トレをおこない、最後は全員で関根をフォール。続いてアップアップガールズ(プロレス)のミニライブが行なわれ、試合へ。

 

2018033101-3

 

オープニングマッチは山下実優vsのどかおねえさんのシングルマッチ。のどかはリングに辰巳リカ、ハイパーミサヲも呼び込んで愛野ユキと4人でピンポンパン体操。試合はまず山下のヘッドロックからショルダータックルの攻防、打ち勝ったのどかは変型の首4の字に捉える。山下はキッチンシンクで反撃、風車式バックブリーカーは体制が崩れたが、強引にぶっき抜いてサイドバスターへ。さらにタフス・ローリング・フックで絞り上げる。のどかはボディスラムからロープに走ってボディープレス。エルボーの打ち合いからのどかはショルダータックル。しかしバックフリップは山下が回避し、蹴りを叩き込む。連打は阻止したのどかが蹴り足を掴んでエルボー、そこからWARスペシャル。山下は後ろに倒れこんで抑え込む、立ち上がるとバックスピンキックをヒットさせ、最後は「チャンピオンなめんな!」とアティテュード・アジャストメントを炸裂させて3カウント。

 

2018033101-4

 

2018033101-5

 

2018033101-6

 

2018033101-7

 

2018033101-8

 

2018033101-9

 

2018033101-10

 

2018033101-11

 

第2試合は黒音まほと小橋マリカがシングルで対戦。いきなり噛み付いてくるまほにドロップキックをヒットさせたマリカ。しかしまほは場外に誘い込むと観客のテーブルに打ちつけるなどラフ攻撃。屋台の射的で使われるライフルで首を絞めていくと、近くで見ていたちびっ子を威嚇して号泣させてしまう。さらに焼き鳥の焼き台にぶつけようとしたまほだったが、これはマリカが阻止し、逆に叩き付ける。リングに戻るとマリカがランニング・ネックブリーカー。マシンガンチョップは腕をキャッチされ、噛み付かれそうになる場面もあったが、振りほどいて完遂。片逆エビ固めはまほがロープへ。まほは首筋に噛み付くとスリーパー、そこからフルネルソンで絞め上げる。これに耐えたマリカは串刺しドロップキック。スイング式のブルドッグも成功。まほの自殺ダイブはマリカがかわし、チンロックから変型で足も固めていく。バックを取ってスリーパーも決めたマリカだが、ここでまほが腕に噛み付いて脱出。再びスリーパーからフルネルソンでギブアップを奪いにかかる。これを逃れたマリカがフロントチョークを仕掛け、自ら後転してグラウンドで上を取り、さらに絞め上げたところでタイムアップ。時間切れ引き分けに。しかし試合後も噛み付こうとするまほに。マリカは逃走。

 

2018033101-12

 

2018033101-13

 

2018033101-14

 

2018033101-15

 

2018033101-16

 

2018033101-17

 

2018033101-18

 

2018033101-19

 

メインイベントは坂崎ユカ&中島翔子のみらクりあんずvs優宇&ヒカリのタッグマッチ。序盤、優宇の寝技に中島が苦戦するが、ヒカリにはダブルでのレッグロックなど足を集中攻撃。中島が固定したところに坂崎がニードロップを落とす場面も。ドロップキックを返したヒカリは優宇にタッチ。優宇は中島を投げるとその上に坂崎もボディースラム。そこへセントーンを落としていく。坂崎には起き上がりこぼし式で逆水平も。巴投げからの腕十字は切り返してエビ固め、そこから坂崎はスリーパーへ。振りほどいた優宇に中島がライダーキック。ダブルでブレーンバスター、ローリングネックブリーカーも決まる。しかし優宇は2人まとめて投げ捨てるとヒカリがドロップキックを3連発。しかしコーナーへの攻撃は中島がかわし、タランチュラからダイビング・ライダーキック。優宇が入ってサイドバスター、串刺しエルボー。ヒカリもドロップキックで続く。だが連携攻撃を中島が誤爆させると、すかさず坂崎が優宇に魔法少女キック。ヒカリは中島のノーザンライトをブロックし、コブラツイストへ。そこから丸め込みを連発して追い込んだが、ロープ際で中島が逆襲。619を決めると、ノーザンライト・スープレックスでフィニッシュ。みらクりあんずの決めポーズで第1部終了となった。

 

2018033101-35

 

2018033101-36

 

2018033101-37

 

2018033101-38

 

2018033101-39

 

2018033101-40

 

2018033101-41

 

2018033101-42

 

2018033101-43

 

2018033101-44

 

DDT UNIVERSE(http://ddtuniverse.com/)では、試合映像を順次公開中!